サンアロマ実践研究会にお越し頂きありがとうございます。

〜静か〜〜papillon〜〜集中〜

ケモタイプ精油とは プラナロム社のケモタイプ精油

ケモタイプ精油

ケモタイプとは、植物に含まれている成分を化学的に分析して、特徴的な成分の含有率で植物を分類・同定するという考え方で、「化学種」とも訳されます。

動物と違い自由に動くことの出来ない植物は、生育地の気候や土壌などの様々な条件に適合して成長します。

その結果、植物自身が作り出す成分構成が異なることがあるのです。

普段口にする野菜や果物でも、産地やその年の気候条件などにより、味や香りが異なることは経験的にご存知でしょう。

自然界では当然のことなのです。

精油も自然の植物から採られるのですから、同じ学名の植物から採油した精油でも、植物が育つ土壌、標高、気候、風土などにより、精油に含まれる成分の構成比が大きく異なることがあります。

ケモタイプの概念をアロマテラピーにも取り入れ、成分分析で内容成分を確かめることの重要性を提唱して実践し、現代のアロマテラピーの道を開いたのが、フランス人であるピエール・フランコム氏です。

そしてこの正当な流れを受け継いでケモタイプ精油の概念を守り続けているのが、プラナロム社の精油なのです。

プラナロム社のケモタイプ精油

  1. 植物は野生そのもの又は、野生に近い環境で無農薬自然栽培した植物から採油しています。 (肥料や水も一切与えず自然のままに栽培しています。)
  2. 全ての植物を自社管理しています。
  3. 低圧で時間をかけ水蒸気で抽出する蒸留法を実施しています。100%自然で純粋な混ざりのない「完璧」なケモタイプの精油製品をお届けすることが出来ます。
  4. 植物の栽培と蒸留した精油の品質管理を常に行い、ロット毎に成分分析をしています。
  5. 豊富な経験を積んだ専門家が、客観的・化学的に厳密な品質のケモタイプ精油を指導を行います。
  6. 100種類にも及ぶ数多くの精油を取り揃えています。
  7. 皆様から信頼される製品作りとサービス精神を忘れず、あらゆるニーズにお応えしています。

※日本では、輸入後に詰め替えをしない現地充填の製品を販売しています。