サンアロマ実践研究会にお越し頂きありがとうございます。

アロマスプレー Tachibana & Agarwood

無水エタノールとウォッカ どちらを使う?

無水エタノールとウォッカ どちらを使う?

精油は、水に溶けません。
無水エタノールやウォッカに混ぜてから、
ハーブウォーターや精製水を加えます。


エタノールについて
エタノールはアルコールの一種。

アルコールは揮発性が高く、水とも精油とも混ざりやすい。

殺菌作用や収斂(ひきしめ)作用に優れていることから、
スキンケア素材や容器の消毒殺菌などに欠かせないものです。

ただし、敏感肌の方はアルコールに反応して、
刺激を感じることもありますので、その場合はお肌に使用するのは避けること。

薬局・薬店に行くとエタノールは、
薬局方アルコールとして2種類売られています。


無水エタノール
アルコール99.5%以上で、純度の高いもの。
化粧水やコロン作りなど精製水を加えて必要な濃度にできます。

もうひとつの消毒用エタノール
殺菌消毒効果が最も高いとされる濃度(76.9〜81.4%)に
あらかじめ希釈されています。
消毒にはある程度の水分も必要とされます。

ですから容器や器具の消毒、お掃除などに使うときには、
こちらの消毒用アルコールを使うと良いでしょう。
手指の消毒にも使えます。

意外なようですが、化学合成で作られたものではなく、
穀類の中のでんぷん(糖質)の糖を発酵させて蒸留したものです。

エタノールには引火性がありますので、火気には注意して使いましょう!


ウォッカについて

ウォッカは穀類(ジャガイモ・とうもろこしや麦など)の、
でんぷんを糖化させたあと、アルコール発酵させて蒸留。

それをシラカバの炭でろ過します。
無色無味無臭。

一般的に販売されているウォッカのアルコール度数は40度程度、
これだと分離してしまうので、

もっと度数の高いものを使ったほうが良いです。
(ウォッカ スピリタス アルコール度数97度)
(500mlで1780円)


最近では、アロマテラピーのショップでウォッカを扱っているところもあります。

実践編は、ブログにて →